ブログじゃなくてもGoogle AdSenseに受かった!申請前にやるべきこと3つ

ブログ制作

僕はこのサイトのようなWordPressを用いたブログではなく、自分のプログラミング作品やWebアプリケーションを載せるポートフォリオサイトでGoogle AdSenseに申請しました。

なんとか受かったので、申請前に行なったことを共有しようと思います。

僕も受かる前に色々と調べていましたが、ほとんど「ブログ」で受かるための記事しか出てこなかったです。

なので、僕のようにブログ以外で申請しようとしている人の役に立てればと思います。

コンテンツ内容・量(記事数・文字数)はそんなに厳しくない

一番に気になってくるのが、「コンテンツはどういうのが良いの?」「どのくらいの量が必要なの?」ということです。

他のサイトで「10記事以上は書きましょう」や「ユーザにとって有益なことを書きましょう」などと言われています。

確かにその方が収益を得るという意味では重要ですが、Google AdSenseの申請に通るだけなら、そんなに厳密に守る必要は無いです。

実際僕が受かったサイトは人のためになるブログとかではなく、自分の作品などを載せるポートフォリオサイトです。

また、コンテンツ量も意外と甘かったりします。

僕が受かったポートフォリオサイトでは、たったの4ページしかありませんし、文字数が1000文字ちょっとのページもあります。

他のページでたくさん文字数を書いていたというのもありますが、調べてみると同じく少ない量で受かったという方がちらほらいます。

そのため、よほどコンテンツが過激だったり量が少なかったりしない限り、引っかからないと思います。

ただし、コンテンツを別ファイルにしてJavaScriptで読み込んでいたら受からなかったという経験もあるので、自分でコーディングしている方は一度見直してみると良いかも知れません。

「お問い合わせ」と「プライバシーポリシー」のページを作ろう

お問い合わせ」と「プライバシーポリシー」の2つのページは作っておきましょう。

公式のヘルプでも、必須コンテンツとして記されています。

プライバシーポリシーに関しては、僕のページをコピペして使ってもらっても構いません。

(僕も自由に使って良いよと謳っているサイトからコピペしてきたものなので…。)

お問い合わせフォームは、WordPressの場合は便利なプラグインがあるのでそれを使うと良いと思います。

僕のポートフォリオサイトでは、頑張ってPHPで1から作りました。

Googleフォームで簡単に作成する方法もあるみたいなので、こちらの方が圧倒的に良いですね。

Google Search Consoleを利用しよう

「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」という理由で蹴られる方は、Google Search Consoleに登録するのを案外忘れているかもしれません。

Googleに「こういうサイトがあるよ!」をお知らせできるようなものなので、すぐに登録しましょう。

Google Search Consoleに登録しよう

Google Search Consoleでは、自分のサイトがどれだけ見られているのか、どんなキーワードでヒットしているかなどを分析することができます。

僕のクソ雑魚アクティビティ

より自分のサイトへのクリック数を増やしたいという方はもちろん登録すべきですし、

とりあえずGoogle AdSenseに受かりたいという方も、登録するだけでGoogleにサイトの存在を分からせることができるので登録しましょう。

登録の仕方は検索すればいくらでも出てくるので、ここでは割愛します。

サイトマップを作ってGoogle Search Consoleに送ろう

サイトマップとは、その名の通りサイト内にどんなコンテンツがどこにあるのかを示してくれるものです。

WordPressの場合は、Google XML Sitemapsというプラグインがあるのでこれを利用すると簡単にサイトマップを生成してくれます。

僕のようにWordPressを利用していないという方は、「sitemap.xml Editor」というサイトを利用すると、URLを入力するだけでサイトマップを生成してくれます。

生成すると、下記のようなsitemap.xmlがダウンロードできます。

...
<url>
  <loc>http://tea-kawashima.work/</loc>
  <priority>1.0</priority>
  <lastmod>2020-02-09T19:35:06+09:00</lastmod>
  <changefreq>monthly</changefreq>
</url>
...
<url>
  <loc>http://tea-kawashima.work/website/works/works.html</loc>
  <priority>0.7</priority>
  <lastmod>2020-02-09T19:34:10+09:00</lastmod>
  <changefreq>monthly</changefreq>
</url>
...

<priority> ~ </priority>に囲まれた数値は、サイトの優先度を表しています。

コンテンツ量がより充実しているページの優先度を高くするのが良いでしょう。

サーバにサイトマップのXMLファイルをアップロードしたら、Google Search Consoleに登録しましょう。

ここも詳しいやり方の説明は省略します。

SEOにはあまり関係ないようですが、Googleにサイトのコンテンツを認識してもらうためにも登録しておきましょう。

まとめ:ブログじゃなくてもやるべき事をやればGoogle AdSenseに受かる!

以上、僕の経験を元にブログじゃなくてもGoogle AdSenseに受かるためにやるべき事を紹介してきました。

紹介したものは、SEOや収益を上げるためのものではなく、あくまでGoogle AdSenseに受かるためだけに行なったものです。

受かった後は、他のいろんなサイトを参考によりよいサイトにしていってください。

ブログ以外でGoogle AdSenseの広告を利用したい人の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました